2020.10.15TRAVEL
  • ホーム
  • 「道後御湯」上質なおもてなしに、心が解き放たれていく現代湯治。

「道後御湯」

上質なおもてなしに、心が解き放たれていく現代湯治。

「道後御湯」は、名湯・道後温泉が持つ自然の治癒力を、日本旅館の粋を極めた空間で心ゆくまで堪能できる現代湯治のための湯宿。“普段着の非日常“がつまったおもてなしへのこだわりを、セールスマネージャーの樋口佳奈さんに伺いました。

Share
  • Line


松山城下を一望できる“絶景”風呂で、道後のお湯に癒されて。

道後温泉のお宿は数あれど、ここまでの開放感を味わえる大浴場は唯一かもしれません。道後温泉街の高台に位置する「道後御湯」は、地上8階の最上階に展望風呂を設置。松山城下を一望できる“眼福”を楽しみながら、妊婦の方でも安心のアルカリ単純温泉でゆったりと羽を伸ばせます。「湯上りは、併設のスカイラウンジや屋上デッキで、思い思いのお時間をお過ごしいただけます」と樋口さん。松山のご当地飲料などのフリードリンクや、湯上りの肌をふわりと包み込む今治タオルの無料レンタルも、嬉しいおもてなしのひとつです。

湯上りはスカイラウンジで、ラグジュアリーな時間を。涼みたくなったら、そのまま屋上テラスへ。

源氏物語に登場する「伊予の湯桁」をイメージした和の佇まい。夜になると約300台のLED照明が優しく灯り、建物全体が行灯のように。

こんなところに、愛媛のすごモノ!

  • スカイラウンジの壁面に飾られているのは、愛媛県出身の“鉄のアーティスト”西永拓郎氏の「Matrix I」。幾何学模様の穴が幾重にも重なった立体的なオブジェは、廃材となった型抜きの鉄板をランダムに使ったもの。作り手の意図を解き放って創作されたという自由な空気感が、湯上りの五感に心地良く響く!

  • 売店では、西永拓郎氏が代表を務める伊予の町工場・西永工業で製作した「メタルアクセサリー」を販売中。愛媛県を代表する特産物や動物などのモチーフが、無機質な鉄のイメージを覆す“柔らかくて、温かいデザイン”に!

“日本宿の上質”を極めた客室で、非日常の安らぎへ。

展望風呂で癒した心身をやさしく包み込んでくれるのが、畳のくつろぎと現代的な機能性を兼ね備えたこだわりの客室です。「使い心地の良さや各部の雰囲気との調和を考えながら厳選しました」と樋口さんが語るのは、そこにあるだけでほっと呼吸を深くしてくれるような温かみのある調度品の数々。さらに、24時間いつでも“客室湯治”を楽しめる最新システムの露天風呂も全室に完備。“RYOKAN”として世界にも知られる日本宿の上質を極めたおもてなしが、非日常の安らぎへと誘ってくれます。

日本最古の温泉地の恵みを、眺めのいいプライベート露店風呂で楽しめる贅沢。

飛騨家具ブランドの名門「KASHIWA」や愛媛の伝統的工芸品「砥部焼」の急須など、さりげないこだわりが細部まで宿る。

こんなところに、愛媛のすごモノ!

  • ベッドの壁面(一部客室)に飾られているのは、愛媛県内子町五十崎を拠点に活動する五十崎社中の「ギルディング和紙」。世界で初めて和紙にギルディング(金属箔)を施すことに成功したというすごモノは、息を呑むような美術品!

  • エントランス正面に飾られた「こより和紙」を使用したガラススクリーンも、五十崎社中の職人が手がけた逸品。売店では、「ギルディング和紙」のハガキも販売中!

愛媛のこだわりが凝縮した食事体験で、五感の底から満たされる。

「道後御湯」でしか味わえない食事体験。それは、料理と空間、スタッフのおもてなしのマリアージュによってもたらされます。「瀬戸内海で獲れる愛媛鯛などの海産物をはじめ、伊予牛や県産の野菜など新鮮な地元食材にこだわっています」と樋口さん。美しい器に盛り付けられた贅沢な創作料理を、枯山水の石庭と2種類の鉄のオブジェで構成される現代的な和空間でいただくひとときは、“現代湯治“の旅をより一層豊かなものにしてくれます。

伊予の匠によるインテリアで彩られた和の雰囲気に、アート作品がアクセントを添える大人のダイニング。

愛媛の雑木林をそのまま切り取ってきたかのような庭園や、伊予里山をイメージした白亜のロビーなど、癒しに溢れた館内。

こんなところに、愛媛のすごモノ!

  • ダイニングで使用されているのは、750年の歴史を持つという愛媛県の伝統工芸品・菊間瓦のお皿。シックな色合いで鮮やかな食材を引き立てるだけでなく、料理を冷めにくくするという機能性も!

  • 部屋番号の表札や、ロビーに置かれた蛙の調度品「六蛙(むかえる)」も、実は菊間瓦の作品。売店で販売中のコースターや箸置きは定番の人気商品!

「道後御湯」

お客様にとって忘れられないご旅行になるよう、スタッフ一同心を込めて陰ながら精一杯お手伝いさせていただきます。

道後御湯

ブランド豚「愛媛甘とろ豚」の秘密

ブランド豚「愛媛甘とろ豚」の秘密

科学的にも証明されている愛媛甘とろ豚の美味しさ。その背景には愛媛県産のエサや水を利用した丁寧な飼育がありました。

INTERVIEW with 松田養豚・志波養豚
現代の暮らしを彩る、新しい水引のカタチ。

現代の暮らしを彩る、新しい水引のカタチ。

愛媛県の伝統的特産品にも指定されている歴史深い「水引」。そんな水引の職人たちは、現代にも合う水引の新しいカタチを作り続けていました。

INTERVIEW with 伊予水引金封協同組合・星川豊光商店
上質なおもてなしに、心が解き放たれていく現代湯治。

上質なおもてなしに、心が解き放たれていく現代湯治。

“普段着の非日常“がつまったおもてなしへのこだわり。無料レンタル可能な今治タオルから愛媛県産品を利用した食事など、細部までつまったこだわりを五感でお楽しみください。

INTERVIEW with 道後御湯
一度泊まったら、また訪れたくなるおもてなし。

一度泊まったら、また訪れたくなるおもてなし。

ほっとくつろげるセカンドハウスとして、細部に宿るおもてなしを繰り広げる道後温泉八千代。さらに、愛媛県産品を利用した食事や展示会「愛媛職人展」を開催されるなど、愛媛県の魅力を思う存分ご体感いただけます。

INTERVIEW with 道後温泉八千代
今治のタオルの歴史と魅力 Vol.1 IKEUCHI ORGANIC

今治のタオルの歴史と魅力 Vol.1 IKEUCHI ORGANIC

業界初のISO22000認証など、環境に配慮したタオル生産を推進。「赤ちゃんが食べられるタオルづくり」を目指し、赤ちゃんから安心して使えるタオルとしても人気を集めている。

INTERVIEW with IKEUCHI ORGANIC
今治のタオルの歴史と魅力 Vol.2 丹後

今治のタオルの歴史と魅力 Vol.2 丹後

大人の女性を中心に人気のタオルを作る「丹後」。お客様、地域の人たち、そして作り手。タオルでみんなの幸せを増やしたいと、上質で実用的なタオルづくりを手がける。

INTERVIEW with 丹後
みかん栽培の新しい価値を追求するミヤモトオレンジガーデン

みかん栽培の新しい価値を追求するミヤモトオレンジガーデン

グローバルGAPとスマート農業の活用で、持続可能な農業を。みかんの生産、加工、販売を行う。代名詞「塩みかん」は、隠し味としてプロの料理人からも評価を受けています。

INTERVIEW with ミヤモトオレンジガーデン
砥部焼の世界へ Vol.1 梅山窯

砥部焼の世界へ Vol.1 梅山窯

砥部焼で最も歴史のある窯元「梅山窯」は、創業130年。砥部焼の歴史を支えた。今も手作り、手描きの技法で一つひとつ手間暇をかけて作り上げます。

INTERVIEW with 梅山窯
砥部焼の世界へ Vol.2 ヨシュア工房

砥部焼の世界へ Vol.2 ヨシュア工房

伝統を守りながらも新しい作品を生み出し続ける「ヨシュア工房」。濃厚な青のグラデーション「ヨシュアブルー」は挑戦と失敗の上に生まれました。

INTERVIEW with ヨシュア工房
愛媛の特産品が生んだ「みかん魚」

愛媛の特産品が生んだ「みかん魚」

愛媛特産のみかんとブリや鯛などを組み合わせた「みかん魚」。魚独特の生臭さが軽減されることもあり、食べやすいと好評です。

INTERVIEW with 宇和島プロジェクト・中田水産