2020.10.15SUGO AJI
  • ホーム
  • 「愛媛甘とろ豚」出荷頭数を伸ばし続ける、ブランド豚の秘密。

「愛媛甘とろ豚」

出荷頭数を伸ばし続ける、ブランド豚の秘密。

日本に300種以上あると言われるブランド豚の中で、右肩上がりに出荷数を伸ばしている人気の豚肉がある。それが、平成21年に誕生したブランド豚「愛媛甘とろ豚」だ。名前の通りとろけるような口溶けで、美容や健康にもいいという。まさに豚肉の“いいとこ取り“をしたような理想の肉質は、県の全面的なバックアップのもとで飼育に取組む、熟練の養豚家たちによる知恵と技術と愛情の結晶だ。

Share
  • Line


とろりとした口溶け。柔らかい歯ごたえ。ジューシーな旨み。

「甘とろ豚は、一口で三段階のおいしさが味わえます」と語るのは、甘とろ豚を最初に飼い始めた松田養豚(大洲市)の松田浩さん。舌の上でとろりと溶け出す甘くて香ばしい脂、良質な赤身に大理石のようにサシが詰まった柔らかい肉質、噛むほどに溢れ出るジューシーな旨み。驚くことにこの三つのおいしさは、すべて科学的なデータで証明されているという。「口溶けは脂肪融点、柔らかさは剪断力価、ジューシーさは保水力と、項目ごとに数値化されています」と松田さんは続ける。美容や健康にいいと言われるオレイン酸が43.5%(一般の豚は34.6%)と豊富な点も、女性から高い支持を集める理由の一つだ。

「生後約7か月で出荷される甘とろ豚にとっての1日は、私たちにとっての1ヶ月やそれ以上の意味があります」と朝晩細やかに豚の健康状態を観察する理由を語る松田さん。甘とろ豚を産んでくれる母豚に名前までつけるなど、たっぷりの愛情をかけて育てている。

標高400メートルの中山間地に位置する松田養豚は、「天空の養豚場」と呼ばれている。新鮮な山の空気とおいしい清水に囲まれた人里離れた環境で、“ゆっくり、ゆったり、しっかり”と育てている。

幻の豚の血を引く品種を、愛媛県産裸麦でじっくりと太らせる。

「品種半分、エサ半分で決まる」と言われる豚肉の味わい。甘とろ豚は、“太りにくい品種の豚を、太りにくいエサで育てる“という方法を採用することで、美しいサシの入った引き締まった肉質になっていく。「甘とろ豚の父豚は、国内にわずか500頭しかいない中ヨークシャー種です。以前は日本でも主流だった昔ながらのおいしい豚ですが、太りが悪いため市場から姿を消し、今では希少種となっています」と松田さん。そして、そんな幻の豚の遺伝子を受け継いだ甘とろ豚に与えているのが、愛媛県産 “裸麦“。玄米よりカルシウムが豊富で、食物繊維が白米の10倍以上ある健康食材が、甘とろ豚の上質な肉質をじっくりと育んでいく。

ずんぐりむっくりとした体に、茶筒のような鼻がついた愛らしい風貌。肉質が最高の状態となる180日以上240日以内に出荷される。

愛媛県が日本一の生産量を誇る裸麦。安全で栄養たっぷりのオリジナル飼料を、出荷前のタイミングにたっぷり与えることで、おいしい甘とろ豚に仕上がる。

一頭一頭の息遣いを確かめながら、ストレスのない環境で育てる。

「甘とろ豚は一般的な豚の約1.2倍もの期間をかけて飼育するため、ストレスのない環境づくりが大切です」と語るのは、甘とろ豚のおいしさに感動して飼い始めたという志波養豚(西予市)の志波豊さん。常時800〜900頭はいるという豚を、“森林浴の森百選“に選出された龍澤寺緑地公園より奥深い水源から汲み取った天然水を飲ませ、密飼いを避けた広々とした環境で飼育している。長年のキャリアを持つ志波さんが、エサを与える朝晩に欠かさずチェックするのが豚たちの息遣い。呼吸に現れるわずかな変化から健康状態を読み取り、愛媛甘とろ豚普及協議会が策定した厳格な基準を満たす甘とろ豚へと仕上げている。

感染症や環境の対策のために、糞や尿の循環システムも完備。その一部は、宇和島市遊子水荷浦で栽培される“日本一収穫の早い男爵イモ“の堆肥としても使われている。

「丈夫な甘とろ豚が安定して生まれてくるように、種豚には鉄分やビタミン・ミネラルが豊富な特別な飼料を与えてます」と志波さん。

肉質のデータを飼育方法に反映し、安定したおいしさを届け続ける。

「おかげさまで、ご試食いただいたほとんどのお客様にお買い上げいただきました」と、デパートの試食イベントに参加した時の思い出を嬉しそうに語る志波さん。味にこだわるレストランなどからもリピーターが絶えない理由は、その肉質の安定性にある。愛媛県各地に散らばる5軒の養豚農家は年に数回集まって情報を共有。愛媛県の畜産研究センターが数値化した肉質データをもとにエサの使用量を調整するなど、絶え間ない品質向上に励んでいる。

松田養豚に飾られている、美しい甘とろ豚の彫刻。この作品を作った彫刻家も甘とろ豚のおいしさに魅せられたひとり。

甘とろ豚は、畜産研究センターで様々な品種を交配し、官能(味)や増体(太りやすさ)などの試験を繰り返すことで5年の歳月をかけて誕生した。

松田養豚

いつ食べてもおいしいと喜んでいただける、消費者の方を裏切らない安定した品質の豚肉をお届けしていきます。

農林水産部ブランド戦略課

志波養豚

愛媛県と5軒の養豚農家が心を込めておいしく育てた豚肉を、命に感謝して存分に味わってください。

農林水産部ブランド戦略課

ブランド豚「愛媛甘とろ豚」の秘密

ブランド豚「愛媛甘とろ豚」の秘密

科学的にも証明されている愛媛甘とろ豚の美味しさ。その背景には愛媛県産のエサや水を利用した丁寧な飼育がありました。

INTERVIEW with 松田養豚・志波養豚
現代の暮らしを彩る、新しい水引のカタチ。

現代の暮らしを彩る、新しい水引のカタチ。

愛媛県の伝統的特産品にも指定されている歴史深い「水引」。そんな水引の職人たちは、現代にも合う水引の新しいカタチを作り続けていました。

INTERVIEW with 伊予水引金封協同組合・星川豊光商店
上質なおもてなしに、心が解き放たれていく現代湯治。

上質なおもてなしに、心が解き放たれていく現代湯治。

“普段着の非日常“がつまったおもてなしへのこだわり。無料レンタル可能な今治タオルから愛媛県産品を利用した食事など、細部までつまったこだわりを五感でお楽しみください。

INTERVIEW with 道後御湯
一度泊まったら、また訪れたくなるおもてなし。

一度泊まったら、また訪れたくなるおもてなし。

ほっとくつろげるセカンドハウスとして、細部に宿るおもてなしを繰り広げる道後温泉八千代。さらに、愛媛県産品を利用した食事や展示会「愛媛職人展」を開催されるなど、愛媛県の魅力を思う存分ご体感いただけます。

INTERVIEW with 道後温泉八千代
今治のタオルの歴史と魅力 Vol.1 IKEUCHI ORGANIC

今治のタオルの歴史と魅力 Vol.1 IKEUCHI ORGANIC

業界初のISO22000認証など、環境に配慮したタオル生産を推進。「赤ちゃんが食べられるタオルづくり」を目指し、赤ちゃんから安心して使えるタオルとしても人気を集めている。

INTERVIEW with IKEUCHI ORGANIC
今治のタオルの歴史と魅力 Vol.2 丹後

今治のタオルの歴史と魅力 Vol.2 丹後

大人の女性を中心に人気のタオルを作る「丹後」。お客様、地域の人たち、そして作り手。タオルでみんなの幸せを増やしたいと、上質で実用的なタオルづくりを手がける。

INTERVIEW with 丹後
みかん栽培の新しい価値を追求するミヤモトオレンジガーデン

みかん栽培の新しい価値を追求するミヤモトオレンジガーデン

グローバルGAPとスマート農業の活用で、持続可能な農業を。みかんの生産、加工、販売を行う。代名詞「塩みかん」は、隠し味としてプロの料理人からも評価を受けています。

INTERVIEW with ミヤモトオレンジガーデン
砥部焼の世界へ Vol.1 梅山窯

砥部焼の世界へ Vol.1 梅山窯

砥部焼で最も歴史のある窯元「梅山窯」は、創業130年。砥部焼の歴史を支えた。今も手作り、手描きの技法で一つひとつ手間暇をかけて作り上げます。

INTERVIEW with 梅山窯
砥部焼の世界へ Vol.2 ヨシュア工房

砥部焼の世界へ Vol.2 ヨシュア工房

伝統を守りながらも新しい作品を生み出し続ける「ヨシュア工房」。濃厚な青のグラデーション「ヨシュアブルー」は挑戦と失敗の上に生まれました。

INTERVIEW with ヨシュア工房
愛媛の特産品が生んだ「みかん魚」

愛媛の特産品が生んだ「みかん魚」

愛媛特産のみかんとブリや鯛などを組み合わせた「みかん魚」。魚独特の生臭さが軽減されることもあり、食べやすいと好評です。

INTERVIEW with 宇和島プロジェクト・中田水産