• ホーム
  • お知らせ
  • 【注目】砥部焼・映画「未来へのかたち」2021.5.7全国ロードショー【New】
2021年3月12日

【注目】砥部焼・映画「未来へのかたち」2021.5.7全国ロードショー【New】

~ぶつかって、生きていく。焼き物で巨大な聖火台をつくる、家族の再生物語~

Introduction

壊れた家族を蘇らせたのは、最愛の人が残した記憶でした

日本ではほとんど類をみない磁器を独自開発した小さな焼き物の里、愛媛県の砥部(とべ)町。
約240年の歴史を誇り、国の伝統的工芸品に指定されている“砥部焼”を題材にした本作は、『瀬戸内海賊物語』や『ポプラの秋』など、地域に密着する人々の絆を描いた作品を多く生み出している大森研一監督のオリジナル作品。現存する陶石採掘場や実際の窯元、焼き物などリアルな現場を追求し、オール愛媛ロケを敢行。窯元一家が、巨大な五輪聖火台づくりへ挑む本物語は、地球を模した砥部焼の壺“生命の碧い星”の国連欧州本部寄贈や、国体のトーチに砥部焼が起用されたこと等からも着想を得ている。

そんな本作の登場人物を丁寧に温かく演じたのは、日本の映画界を代表する演技派俳優陣だ。主人公・高橋竜青にはシリアスな演技からコミカルな演技まで幅広いキャラクターを演じ分ける実力派・伊藤淳史。竜青を傍で支える妻・幸子には内山理名。娘・萌に桜田ひより、見習い陶芸家・武には「男劇団 青山表参道X」のメンバー・飯島寛騎と注目の若手俳優陣も熱演を見せる。また、竜青が幼き頃に亡くした母・典子には大塚寧々、全国に名声を博す陶芸家である兄・竜哉には吉岡秀隆、そして息子たちの師匠である父・竜見には橋爪功が名を連ねる。
さらに、主題歌「未来へのかたち」を湘南乃風のHAN-KUN、音楽をピアニストの清塚信也が担当し、一流アーティストたちが家族の再生物語を彩っている。

2021年5月7日、全国ロードショーです!みなさま、是非ご覧ください。

■特設サイトはこちら

■愛媛県内の上映映画館

シネマサンシャインエミフルMASAKI、シネマサンシャイン重信、イオンシネマ今治新都市、ユナイテッド・シネマフジグラン今治、TOHOシネマズ新居浜

■愛媛のすごモノ・砥部焼はこちら